上限金利

平成18年に貸金業法の大幅な改正がありました。その一番の理由はグレーゾーン金利を撤廃するということにありました。グレーゾーン金利とは、以前の利息制限法に定める上限金利を超えるが、出資法に定める上限金利29.2%には満たない金利のことを指します。サラ金 即日融資ということで消費者金融の多くはこの29.2%の金利で貸付をおこなってきました。そしてこのグレーゾーン金利の撤廃によって、元本が10万円未満の場合は年20%、元本が10万円以上100万円未満の場合は年18%、そして元本が100万円以上の場合は年15%を上限金利とすることに変わりました。今のカードローンの金利が最高でも20%を超えていないのはそのためです。そしてもう一つ大きな改正点といえば総量規制の導入でしょう。総量規制とは平成22年に完全施行された法律で、貸金業者は年収の1/3を超える貸付をしてないけないというものです。返済能力を超える貸付を禁止するものです。しかし、どのような場合にも年収の3分の1を超えてはいけないのではありません。緊急の医療費の貸付、借換えのための貸付、配偶者との合算収入の3分の1以下の貸付け、個人事業主に対する貸付け等が該当です。また有担保のローンも総量規制の対象外となります。