手放せない化粧水

私の肌が乾燥肌なのはもうずっと前、学生のときからだ。
お風呂上りにでもきちんと化粧水を全身に塗らないと、
かさかさして、ひどいときにはひりひりと炎症まで起してしまう。
肌表面のバリア層が元々弱いのか、肌の保水機能が低くて
乾燥しがちな私の肌には、保湿機能が優れている化粧水を使うことが欠かせないのです。

そんな中であんまりいろんな化粧水を使う毎日にも、
経済的なこともあって高価な化粧水は使えません。
できることなら自然の成分の化粧水を使いたいと思っていたところ、
そのスイゼンジノリの成分の化粧水を見つけたのでした。
セラミドの衰えた私の肌細胞に染み渡るようなその化粧水は
咲水(さくすい)化粧水と言う名前でした。

よくあるエタノール不使用の化粧水というだけでなく、
自然の干すつき能なので敏感肌の私でも刺激なく使えています。
年齢肌の悩みとして乾燥による小皺を防止する上でも、
スイゼンジノリの保湿成分であるサクランだけを使用した自然派化粧水は、
ヒアルロン酸をしのぐ保湿効果が期待できるので、
肌が弱い私にはもう手放せない化粧水になりました。

マッサージクリーム

フェイシャルマッサージを行うためには専用のマッサージクリームを必要としますが、
必ずしもマッサージクリームでなければならないというわけでもありません。

もちろん、フェイシャルマッサージ用のクリームというのは、
お顔のマッサージに適したように作られているものですから、何を使用していいかわからないという方は、
普段使用しているスキンケア商品とシリーズになったマッサージクリームを使用すると安心でしょう。

シリーズの中にマッサージクリームがなければ、同じメーカーのものや、
単品で他のメーカーを購入してもよいと思います。ファイナリフト 楽天なんかもいいですね。
もちろん、他のスキンケア商品と同様に、マッサージクリームもご自分の肌質に合ったものを選ぶことは大切です。

敏感肌の方などは、さらに気を付けて選ぶようにしてください。
この頃はフェイシャルマッサージ用の商品として、マッサージクリームだけでなく、
ジェルタイプのものやオイルタイプのものなど幅広く販売されていますから、
そういった商品の使い心地に関してもお好きな物を選んでください。

近年、日本でも広く浸透しつつあるアロマオイルなども
フェイシャルマッサージ用にブレンドして使用することが出来ます。
アロマオイルは自然の香りによって精神的にも癒されますから、くつろいだマッサージタイムにはお勧めです。

すでにフェイシャルマッサージ用にブレンドしたオイルも販売されていますから、
そのような物から使用してみるのも良いでしょう。
気に入ったマッサージクリーム、ジェル、オイルなどが見つかると、
フェイシャルマッサージの時間が待ち遠しいくらい楽しみになりますから、ぜひ見つけてくださいね。